競売までの流れ

住宅ローンを滞納

2〜3ヶ月滞納すると金融機関から電話や郵便で督促があります。
この時点なら月遅れの支払も可能。
この時点なら金額も小さくなんとかなりそうに思えるのですが

滞納が続く

4〜6ヶ月滞納が続くと「期限の利益」を喪失し、滞納額全額の返済が出来なくなります。
代位弁済の通知が届きます。

代位弁済

金融機関は保証会社から代位弁済を受け、債権は保証会社に移ります。
保証会社から一括返済の催告が届きますが、残額一括は不可能です。

競売の申し立て

保証会社が裁判所に申し立て、開始決定されればあとは裁判所が事務的に作業を進めます。
この時期でもまだ任意売却が出来ます。

現状調査と鑑定評価

裁判所が指定した日知事に執行官と評価人が調査に来ます。連絡をしなければ専門技術者が解錠し内部調査されます。

競売の公示

競馬伊物件が新聞で告知。インターネットで閲覧が開始。業者が近隣へ聞き込み調査等の活動が始まる。

入札・開札・売却許可決定

開札で最高買受人が決定。買受人の適正の調査後、売却許可決定がなされる。買受人の入金と同時に所有名義が変わる。
裁判所からも法務局からも何の連絡もありません。

所有者名義の変更

買受人が突然やってくることによって、所有名義が変わったことを知らされる。

所有者の意思も希望も関係なく事務的に淡々と進んでしまいます。