任意売却の流れ

ご相談

不動産知識の豊富なスタッフやファイナンシャルプランナーがお一人お一人に最適な方法をご提案します。

不動産の調査・査定

不動産の現状を詳しく調査し、過去の取引事例などを元に販売価格をご相談しながら決定します。

媒介契約

債権者と交渉するために必要な契約になります。販売する不動産会社と結びます。

債権者へ連絡・交渉

媒介契約を結んだ代理人が債権者へ任意売却することを連絡します。販売価格・抵当権抹消価格等を交渉します。

販売活動開始

不動産業者のデータベースへの登録、インターネット掲載、新聞広告。全ての不動産業者が販売の紹介が出来ます。

購入希望者出現

購入条件について交渉

債権者の同意取り付け

債権者へ、債務者の返済方法、滞納している税金や管理費等の負担について交渉し、引退の費用についても交渉します。

売買契約締結

債権者の同意が取れ次第契約を締結します。

決済

債務の返済、引き渡し。再出発スタートです。