任意売却とは

住宅ローン延滞、でも競売は回避したい

  • 借り入れが多い。
  • 住宅ローンの支払いが困難。
  • 住宅ローンの返済を延滞したため
    銀行から一括返済を求められている。
  • 督促状、催告状が届いた。
このような状況の方色々なご事情で住宅ローンの支払いに支障をきたしていらっしゃる方、このまま放っておくと「差し押さえ」「競売」へと進んでいってしまいます。
競売になると市場価値の3割ほど安く取引されます。
「自宅は手放したくない」という思いはあるものの、支払は日々困難になっていく。
このチャンスを逃してしまうと「強制立ち退き」になってしまいます。

「競売」にかけられる=情報が公開される

市場価値より3割程度安く取引されてしまいます。所有者は何も口出しできません。立ち退きを余儀なくされ、引っ越しの費用も残りません。まったく不本意な売却になります。残ったローンの支払請求は続き、「破産」の申し立てをする方もおられます。

「任意売却」を選択する=一般売却と同じ

市場価値と同じ設定を売り出します。急ぐ場合は若干下げる場合もありますが、競売より高い所有者の意思での売却ができます。債権者との交渉で、引っ越し代金を残してもらえます。(当社では必ず準備出来る自信があります。)また、購入者と交渉しさらに多額の「再出発費用」を別途準備できるケースも多くあります。残ったローンの話し合いも柔軟に対応してもらえます。

「自宅に住み続ける」ということもできます

親族間での売買やリースバック等の方法がご提案できます。

「競売開始決定通知」が届いても取り下げることが出来ます。
任意売却に切り替えることができます。

債権者が裁判所に「競売の申し立て」を行い、裁判所に受理した時点で競売が開始されることになります。大阪では3ヶ月〜6ヶ月後に入札が行なわれ、第三者に落札されてしまいます。残念ながらここまで来ると、住宅ローンの一括返済を除いてはこの状況を変えることはできません。「競売開始決定」が届いてから3ヶ月〜6ヶ月、この間に売却活動をすればまだ再出発はできます。当社では3ヶ月あれば市場価値とほぼ同程度の価格で売却することができます。信用のできる不動産会社、関連会社、多方面に協力を要請し早期売却に全力を注ぎます。

「任意売却」を行なうことで競売開始時期を遅らせることが可能です。

競売に至る期間は、もちろん住宅ローンの借り入れをしている金融機関によっても異なります。滞納が続き、債権者からの連絡にも応じないとなれば、突然競売の申し立てをされてしまいます。その反面、任意売却を行なうという行為は誠意のある対応の表れと解釈できるのです。